“北海道のうまいもん”がベルク和光白子店に集合

本記事は2021年9月28日(火)に取材執筆させいただいたものとなります。
漁港の食堂を彷彿とさせる内装と新鮮な海の幸を味わうことができる「根室食堂」。北海道根室のアンテナショップの役割をも担う人気のお店です。代表の平山徳治さんは、様々なメディアで取材されているので名前は聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

今回、ベルクでは「根室食堂」を運営する株式会社TOKUICHに協力を仰ぎ、9月28日(火)より和光白子店にて厳選した北海道の味覚“北海道のうまいもん”を取り揃えました。

売場はもちろん、大漁旗や浮き球など現地の雰囲気を感じられるような売場の装飾にも注目です。


それでは売場の様子をご紹介していきます。

北のうまい魚が売場に並びます。「捌けない…」という方もご安心ください。ベルクの海産スタッフがご希望にそって捌いた状態でお渡しします。
珍しい魚がいっぱい、眺めているだけでも楽しい。
私も売場で「花咲ガニ!花咲ガニ!」とはしゃいでしまいました。 横にあるほっき貝も大きくて立派、食べがいがありそうです。
羅臼のほっけ。ふっくらとした肉厚な身に脂がのっています。 酒の肴に日本酒を一杯やりたいものです。想像するだけで最高ですね。
秋の味覚の代表格、さんまも根室から届きました。 近年、収穫量減少で手に届きづらいお値段のさんまも“うまい魚を食べていただきたい”という思いから赤字覚悟の大放出。
秋といえば、秋鮭。こちらも北海道から届きました。
切り身にいくら。サーモンピンクの美しき世界へようこそ。
生秋鮭の白子も用意。これは鍋に入れてぷりっぷりの食感を豪快にいただきたい。
西京漬けやごま醤油漬けの秋鮭は、1切からご用意。

「根室食堂」の人気メニューもラインナップ

北海道といえばザンギ。鮭の惣菜にご飯が進むこと間違いなし。
たらのザンギも発見!
自分用に購入したのはこちらの鮭と大根煮。鮭と出汁のうまさが染み込む大根。どうですか写真から食欲されませんか。

みなさんのご来店心よりお待ちしております。

カレイ科の巨大魚「大鮃(オヒョウ)」を持った海産バイヤーがいつでも和光白子店…にはいませんが、魚好きの海産スタッフ一同みなさまご来店を心よりお待ちしております。
-------
期間:9月28日(火)~
時間:9:00~24:00
場所:ベルク和光白子店(埼玉県和光市白子3-10-50)海産コーナー

取扱商品は以下のとおり
根室食堂の漬け魚、北海道産塩鮭、魚ざんぎ(唐揚げ)、北海道産秋刀魚、北海道産生秋鮭、ホタテ貝、ホッキ貝、あさり、生タラ、カレイ など


ベルク和光白子店の店舗ページはこちら>>

※本記事は2021年9月28日(火)に取材執筆させいただいたものとなります。
※天候不順等により入荷のない場合や産地が変更となる場合がございます。予めご了承ください。



YouTubeではプロモーション動画公開中>>
  • シェアする
  • mailmail
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline

新着情報

現在、トピックスはございません。