熊谷農業高校のみなさんが育てた 「彩の国黒豚」をベルク佐谷田店で販売いたしました

5月2日(日)に、埼玉県熊谷市のベルク佐谷田店にて熊谷農業高校の生徒が育てた“彩の国黒豚“を販売いたしました。

肥育を担当した熊谷農業高校のみなさん
肥育にあたっては、季節の変わり目には特に注意しながら体調や体重など管理を行われ、愛情をふんだんに注がれた“彩の国黒豚”が出荷されました。

肥育を担当した熊谷農業高校のみなさんからは「私たちが“彩の国黒豚”を肥育販売することで少しでもブランド黒豚の認知を上げたい。これからも“彩の国黒豚”を育てることで一般消費者へのアピールを続けていきたい」と熱心に語ってくれました。

精肉加工のうえ販売される様子も見学
販売当日は、肥育を担当した熊谷農業高校のみなさんに佐谷田店に来ていただき、精肉加工からお客様に実際に手にとってもらうところまで見学をしていただきました。

購入いただいたお客様にはこんな感想をいただきました!

・地元で育てた豚肉が買えて嬉しいです。
・売場の写真を見たら地元の高校だったので食べてみたいと思いました。
・農業高校で育てたお米も買っているので、豚肉も買ってみたいです。
・今回だけでなく、また販売してほしいです。
・少し可哀想だけど、感謝を込めて食べたいと思います。


ベルクでは「Better Life with Community(地域社会の人々に より充実した生活を)」の実現のため、今後も地域に根差した取り組みを行うことで、みなさまのよりよい暮らしに貢献してまいります。

熊谷農業高校のみなさん今回はありがとうございました!
  • シェアする
  • mailmail
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline

新着情報

現在、トピックスはございません。