「朝揚げかつお」勝浦漁港に行ってきました

朝水揚げされたかつおが、午後にはお店に届く!

今回伺ったのは、千葉県勝浦市にある日本有数のかつおの水揚げ港、勝浦漁港。漁港ではどのように水揚げが行われているのか。朝揚げかつおがどのようにお店に届くのか。みなさんの疑問を解消すべく、勝浦漁港を取材してきました!

朝5:00 勝浦漁港到着

漁港へ到着。すでに漁船がいくつか並んでいました。この漁船でかつおを釣り上げているんですよ。

漁船からかつおが!

たくさんのかつおが漁船から漁港に届きます。手作業でベルトコンベアに乗せられていきます。

サイズの選別

ベルトコンベアで流れるかつおを、重さを確認しながらサイズ分けしています。中には見た目だけで選抜する方も…。これぞプロの技。

買い付けしたかつおを発泡スチロールへ梱包

その後、バイヤーが選び抜いて買い付けしたかつおたちが、発泡スチロールへ梱包されていきます。これも手作業。丁寧に扱われていることがわかります。

準備ができたら即配送!

梱包が完了したかつおはトラックへ。時刻はなんと6:00!水揚げから約一時間で出発します。そして、ベルク物流センターを経由し、お店へと運ばれます。このスピード感が、朝揚げの鮮度を支えているのです。

午後 お店へ到着!

到着したかつおは、柵やお造りへと姿を変え売場に陳列されます。たくさんの方に支えられ、鮮度抜群の朝揚げかつおがお店に届きます。

かつおが苦手な方にもぜひ食べていただきたい!

かつおは鮮度が落ちやすく、時間が経つと臭みが目立ちます。この朝揚げかつおは水揚げされてすぐ配送されるため、臭みが少なく、獲れたてのような味わいが楽しめます。かつおが苦手な方も食べやすいので、ぜひ一度味わってみてください!



天候によっては水揚げのない朝揚げかつお。お店で見かけた際には、ぜひ味や鮮度を楽しんでみてくださいね。

今シーズン、朝揚げかつおは5月の『毎週日曜日』に入荷予定。数量限定ですのでお早めに!
※一部店舗には納品が無い場合もございます。
※画像はイメージです。
  • シェアする
  • mailmail
  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • lineline

新着情報

現在、トピックスはございません。