安全・安心への取り組み

「食の安全」
ベルクでは、お客様が安心してお買い物していただけるよう、「安全な商品」を日々提供することを最も大切な使命と考えています。そのために、各種法令や自主基準を遵守することはもとより、商品をはじめ原料に至るまで生産から入荷・販売までの過程を追跡できるトレーサビリティーのシステム作り、商品及び作業場の衛生検査、賞味期限検査等を行い、「食の安全」を推進してまいります。
1、商品検査及び衛生検査
安全を確保するためには科学的なデータが必要と考え、独自に「衛生検査室」を設けて各種検査を実施しています。
(1) 商品検査
  店舗で販売している生鮮商品や惣菜工場であるホームデリカの商品の細菌検査を実施
(2) 水質検査
  店舗でサービスしている「良水オアシス」や使用している「水道水」の定期的な水質検査を実施
(3) 店舗の衛生管理
  定期的な衛生自主検査、衛生状況の目視検査、従業員の手指、俎板、包丁、調理器具、ドアの取っ手など重要ポイントの拭き取りによる細菌検査を実施
(4) 仕入れ商品の衛生管理
  産地や工場に担当者及び検査会社による定期的な立入検査を実施
imagephoto
2、適正な表示
(1) 品質表示は、お客様が商品を選ぶための大切な情報源。法令を遵守することはもとより社内の自主基準に従い、作成しています。
(2) 生鮮の原産地や加工食品の原料原産地、添加物、アレルギー物質などの表示については、 店舗での日々のチェック、定期的な本部検査員による店舗巡回によりチェックにしています。
特にアレルギー物質は有症危害の可能性が高いため、パッケージに記載できない「ばら売り販売」についても常に売り場に表示しています。
imagephoto
3、トレーサビリティ
法令で定められている国産牛はもとより、主な農作物でも栽培履歴や農薬の散布履歴がわかる商品を販売。
産地直送商品に関しては生産者と契約をかわし、直接生産現場を調査。また、「地産地消」を拡大すべく信頼できる地元の農家さんと契約して顔の見える「安全な野菜」の販売に努めています。
imagephoto
4、消費期限・賞味期限の厳守
(1) 消費期限・賞味期限は、商品の保存検査による科学的データにより決定しています。
また、消費期限・賞味期限内に販売期限を設けてより一層安全な商品をお届けできるように努めています。
(2) 商品及び原料の期限チェックは、店舗で日々実施しているほかにも、本部検査員が定期的に店舗を巡回、商品の期限切れや原料の使用期限切れがないかをチェックし、お客様が安心してお買い物ができるように努力しています。