BELC STAFF

社員が語る、仕事、ベルクの魅力
社員インタビュー


より精度の高い発注を目指して

齊藤 愛理

菓子部 コントローラー
2014年入社

データを分析し、発注計画を立てる

 お菓子の商品に関して、全店舗の発注計画を立てています。過去のデータをもとに発注計画を立てるのですが、同じ商品でも季節や曜日、売価や店舗など様々な条件によって販売点数が変動するので、日々データを分析して、販売予測を立てることが重要です。

ベルクの成長性に惹かれた

 「食」に関わりたいとの想いがあり、当初は食品メーカーを中心に就職活動をしていたのですが、働き方を考えたときに、転勤で全国を飛び回るより、地元に密着した仕事の方がいいなと思ったんです。そこで、選択肢を広げて考えたときに、いろんなスーパーマーケットを比較したり、新製品を見るのが好きだったことに気付き、スーパーマーケット業界に切り替えて、応募する会社を探しました。ベルクを選んだのは、毎年売り上げが伸びている成長性に魅力を感じたからです。また、ワークライフバランスへの取り組みなど、社員を大切にしてくれそうな会社だと思ったことも理由です。

店舗からの意見を大切にする

 店舗からの意見や要望をよく聞くように心掛けています。発注数が多かった、少なかったという意見が店舗から届いたら、すぐになぜ適正な発注計画が立てられなかったのか、店舗の社員からヒアリングをして、原因を調べ、同じ失敗をしないように、記録に残しています。また、店舗の在庫状況によって、発注数を増やしてほしい、減らしてほしいといった要望にも素早く対応し、店舗の負担が少なくなるように努めています。そのためにも、店舗の社員とはこまめにコミュニケーションを取るようにしていますね。

発注の精度を高めるために、努力を重ねる

 高い精度の発注ができたときにやりがいを感じます。分析を繰り返した結果、前回よりも精度の高い発注に繋がったときはとても嬉しいです。また、新商品や初めての企画など販売予測が難しくても、過去の様々なデータをもとに高い精度の発注ができたときは自信に繋がります。しかし、まだまだ経験不足なので、先輩やバイヤーなど多くの方からアドバイスをいただき、高い精度を目指して日々努力しています。

会社の方針が広く共有されている

 ベルクの標準化は、会社の方針を従業員が共有するという面でも進んでいると思います。上司によって、考え方が違うと混乱してしまいますが、私が店舗で働いているとき、どこの店舗の上司も基本的に同じ考えをしていたので、異動しても戸惑うことはありませんでした。そういう面でも、ベルクは働きやすい会社だと思います。

就職活動は広い視野を持って

 まずは視野を広く持って、志望している業種に関わらず、様々な業種や会社の説明会に足を運んでみてください。思いがけないところで、自分に合った会社に出会えるかもしれません。また、志望していた業種や会社の魅力が別の角度から発見できることもあります。焦らずに自分のペースで就職活動を頑張ってください。

ベルクの魅力

意欲を促す制度

現在、私は店舗がより効率的に仕事ができる、発注の仕組み作りの実験を行っています。このように、若手に新しいことを任せてくれて、挑戦の機会を与えてくれる環境があるのは、やりがいに繋がります。また、「社内提案制度」という、日々の業務の中で思いついた、「こうすればもっと仕事をしやすくなる」というアイディアを提案できる制度もあります。自分の意見でより良い仕事の環境をつくっていけるので、モチベーションも高まりますね。