BELC STAFF

社員が語る、仕事、ベルクの魅力
社員インタビュー


感謝の気持ちを大切に、売場を作る

藤本 卓

グロサリー部 チーフ
2012年入社

生鮮以外の幅広い商品を担当

 グロサリー部の担当は、精肉、海産、青果、デリカ以外の全ての売場です。主な仕事は商品の補充や発注です。チーフの仕事としては、パートナーさんに指示を出したり、シフトの作成などを行っています。お客様が買い回りしやすい売場を作るように心掛けています。

震災を機に気付いた「食」の大切さ

 私が就職活動をしている時期に東日本大震災が起き、普段は当たり前だと思っている「衣食住」の大切さに改めて気付かされました。「衣食住」の中でも、私は「食」に関心があったので、食品メーカーやスーパーマーケットなど「食」に関わる業界を中心に就職活動を進めました。
 実家が埼玉なので、ベルクの存在は知っていましたが、店舗を利用したことはなく、どういった会社なのかはあまり、知りませんでした。調べてみると、東証一部に上場していたり、説明会や面接で会った社員の方にも誠実な印象を持ったので、しっかりした会社だなと思い、入社を決めました。

パートナーさんへの感謝の気持ちを忘れずに

 パートナーさんが気持ちよく働けるような職場づくりを心掛けています。例えば、指示を出す際は言葉遣いに気を付けたり、どう指示を出したらパートナーさんが動きやすいかを考えて、伝えるようにしています。こちらがパートナーさんに仕事をお願いしている立場ですので、感謝の気持ちを忘れずに、コミュニケーションを取っています。

情報取集と素早いアクションでチャンスを逃さない

 商品がメディアに取り上げられたときは、早めに発注して、商品を多めに確保するのですが、それが予想通りに売れたときは嬉しいですね。しかし、発注のタイミングが遅れると、商品を確保できず、売上を逃してしまうこともあります。それを防ぐため、常にアンテナを張って、できるだけ多くの情報を集めるようにしています。
 お客様の言葉もモチベーションになります。異動した店舗で、「あれ?異動したの?」と声を掛けてくださったお客様がいました。そのお客様は私が異動前にいた近隣の店舗に来てくださっていたお客様だったのですが、私のことを覚えてくれていたことが、とても嬉しかったですね。

従業員の健康、幸せを考えた職場環境

 休みはしっかり取れる環境です。1か月に9日は必ず休みがあり、上司も休めるように気遣ってくれます。休みの日はしっかり休んで、仕事のある日はきっちり働くという、仕事とプライベートのバランスは取りやすいですね。ベルクには「商売六訓」という訓示があり、その中に「働く従業員も健康で幸せになろう」という言葉があります。その言葉どおり、従業員のことを考えてくれる働きやすい会社だと思います。

今しかできないことを楽しんでほしい

 学生の方には今をしっかり楽しんでほしいですね。社会人になると自由に使える時間が少なくなるので、旅行など、やりたいことがあったら学生のうちにやっておいたほうがいいと思います。
 そして、ベルクに関心を持ってくださった学生の方へ。ベルクは標準化が進んでいて、他部門とのコミュニケーションも取りやすく、とても働きやすい職場だと思います。皆さんと働けることを楽しみにしています!

ベルクの魅力

働きやすさを考えた様々な取り組み

一番は働きやすいということですね。本社からのサポートなど、授業員の負担を減らすために様々な取り組みを行っています。例えば、発注計画は各店舗ではなく、本社で作成しているのですが、データの蓄積による緻密な予測のもと、作成しているので、品切れや在庫が過剰になることもなく、大変助かっています。もちろん、来店されるお客様の年齢層の違いなどにより店舗によって売れ筋商品が異なりますので、店舗での調整は必要です。そこはチーフの腕の見せ所ですね。
ベルクの特徴である「標準化」も、授業員の負担軽減を考えて導入されているものです。特に異動したときにそのメリットを感じますね。店舗のレイアウトやオペレーションが統一されているので、どの店舗でも基本的な仕事のやり方や流れは変わりません。異動してもスムーズに仕事に慣れることができるので、とても働きやすいですね。