BELC STAFF

社員が語る、仕事、ベルクの魅力
社員インタビュー


店舗の社員と共に、より良い売場作りを

大津 直純

デリカ部 スーパーバイザー
2011年入社

店舗と協力しながら、標準化を推進

 私はデリカ部の担当なので、自分が担当するエリアの店舗を巡回し、標準化のルールに則った売場作りやオペレーション運営ができているかをチェックすることが主な仕事です。改善点があれば、チーフやサブチーフに伝えて、一緒に改善策を考えていきます。チーフやサブチーフの教育という役割もあります。
 スーパーマーケットの仕事に興味を持ったのは、学生時代のアルバイトの経験で接客が好きだったということが大きいですね。接客業の仕事を中心に就職活動をする中で、生活に身近な存在であるスーパーマーケットに魅力を感じました。ベルクに入社を決めたのは、実家の近くに店舗があり、親近感があったということが大きいですね。

現場の意見を柔軟に取り入れる

 チーフとコミュニケーションを取る際は、一方的な話し方にならないように気を付けています。聞き役に回りながら、相手の話をしっかりと聞いた上で、アドバイスをします。基本的には、標準化のルールを守っているかをチェックしますが、話を聞いた上で、現場のやり方が優れていると思ったときは、積極的に聞き入れ、上司に伝えます。その方法が本社でも認められれば、全店に展開することもあります。

自分の期待に応えてくれたときに、やりがいを感じる

 一か月に2~3回は同じ店舗を巡回するのですが、前回指導した店舗に行ったときに、アドバイスしたことができているときや、さらに自分の期待を上回るような売場ができていたときはやりがいを感じますね。それが売上に結びついて、結果がついてくれば、なお嬉しいです。

指導する側にとってもメリットがある、標準化

 指導する際、店舗によってレイアウトやオペレーションが違うと、店舗ごとに対応しなければならず、大変ですが、ベルクは標準化が進んでいるので、とても仕事がやりやすいですね。標準化という正解が決まっているので、あとはどの店舗でもその正解にどれだけ近づけるかということを考えればいいので、指導する立場としても大変助かっています。

仕事には仕事の楽しさ、喜びがある

 最初は、学生と社会人のギャップに戸惑うこともあるかもしれません。しかし、学生時代には得られない、やりがいや喜びを得ることができます。ベルクは若手にもチャンスを与えてくれ、年齢に関係なく、頑張れば頑張った分だけ、評価してもらえる会社です。私はそこに大きなモチベーションを感じています。若いうちから、様々な仕事に挑戦し、キャリアップを積みたい方にはベルクは最適な会社だと思います。皆さん、ベルクで私と一緒に成長していきましょう!

ベルクの魅力

休みを思いっきり楽しめる

ベルクはワークライフバランスがしっかりしており、仕事のONとOFFをはっきり分けられるので、そこが魅力ですね。休みに持ち帰って仕事をしなければいけなかったり、仕事のことを考えなければいけないということはありません。私も休みの日は、仕事のことを全く考えずに思いっきり楽しんでいます。長い休みも取りやすいので、家族と旅行に行くこともできますよ。プライベートが充実していると、仕事も頑張ろうという気持ちになりますね。